”こんな私も研修会の講師に” 2001.11.30(fri)
  ほぼ一ヶ月、すっかり無沙汰致しました。お久しぶりです。これにはちょっと訳がありまして、今日はちょっとその話を致します。勿論、この11月は土日もNPOの活動が
入り、忙しかったこともありますが、この11月28日(水)、この私にも研修会の講師の依頼があったのです。この拙い日誌をお読み頂いております皆様には申し訳ありま
せんでしたが、私、久しぶりの講話で、この一ヶ月その準備をしていたのであります。研修会は、榛原町で行われた榛原郡教育相談委員研修会で、私共、NPO静岡県教
育フォーラムで行っております、不登校等の児童・生徒への実践的な対応について話してもらいたいとのことでした。教育に関しては大先輩の教育相談員の皆様を前にお
話しさせて頂くとあって、私も今回はじっくり準備させて頂きました。しがしながら、そうなると当然に、当日は80分の講話の予定が120分にもなっても終わりきれず、詳しく
はあらかじめ準備しておきました資料に任せる結果になりましたが、その後の昼食会を含めて、どうにか私共の行っております対応の理念と方法の概略はご理解して頂い
たかと思います。私にとってもこの間、NPO以前からの20数年間の子ども達の関わりを振り返えらせて頂き、また、5年ほど前から取り入れました交流分析による心理カ
ウンセリング資料の分析もできまして、大変充実した一ヶ月でありました。ここでまとめました資料は、本ホームページに新たなページを設けまして皆様に公開しようと考え
ておりますが、図表もありますので、掲載可能か今暫く検討させて下さい。
さてこれからも、塾・予備校では冬期講習、NPOでは教育講演会、冬合宿と忙しい毎日が続きますが、少しでもこの日誌は続けていこうと思ってます。
今後とも宜しくお願い致します。