”貴司君からすばらしい夏合宿の作文届く。” 2003.8.23(sat)
 おはようございます。暑いですね。ようやく夏が来た感じで、寝苦しさが懐かしく思われる今日この頃です。そんな折、今年の夏合宿に参加した下内貴司君から、
昨年と同様今年もなんとも素晴らしい作文を届けてくれました。一昨年交通事故に遭い、右足に大きな傷跡を残してしまい、昨年その傷のことでみんなから「気持
ちが悪い」、「皮膚の色が違う」と言われ、「傷の痛みよりも、心が痛くてたまらなくなった」貴司君。「自分に自信を無くし」、「友達と遊ぶこともできなくなってしまった」
のです。そんな彼を心配して母親が当フォーラムに相談してきたことから、昨年夏合宿参加を勧め、4回目の手術後で車いす参加となったため、母親と一緒に参加。
「大自然の中で僕は少し、自分に自信を取り戻すことができ」、「みんなから元気をもらい、人を思いやる心を学び」、今年は「自分の足で参加でき」、昨年一緒に参
加した友達にも会うことができ、新しい友達もできて随分良かったようですね。読ませて頂いて何よりも嬉しかったのは、「交通事故でぼくの体のキズあとはきえてな
くならいけれど、心のキズは消えました。大自然とみんなから生きる勇気と元気をもらって、ぼくは心も体も元気いっぱいです。学校へはりきって行っています。
楽しくて一日が短く感じます。」と締め括ってあったことです。最後に、私やリーダー達、そして一緒に参加した友達へのお礼の言葉もしっかりと書いてくれてありました。
ありがとう!




”静高、8強ならず。残念!今度はTO THE FUTUREを宜しく!” 2003.8.21(thu)
 でも、よくやりました、静高ナイン&西尾君。7回表、1死満塁で西尾君。ちょっと期待しちゃいましたが、やはり、名将・木内監督率いる常総学院の壁は厚かっ
たね。お疲れさん、パチパチパチ。さて、今度は、9月7日に開催されるブレイクダンスショー・「TO THE FUTURE」です。夏期講習も終盤。毎日声をからして館
張ってます!


”静高、八頭高に競り勝つ!” 2003.8.18(mon)
 でかしました!遂に静高、16強!西尾君も、5打数2安打の活躍。いや〜いいですねえ。当方個別指導時間中にて、時折入って来る情報にヤキモキ。
し・か・し、3回戦の相手は、今大会で引退する名将・木内監督率いる常総学院。でも、ひるむことはない。がんばれ、静高ナイン!

 

”やったね!西尾君” 2003.8.13(wed)
 ばんざーい!ばんざーい!ばんざーい!やってくれたね、静高野球部。しかも、本大会初のサヨナラ逆転勝ち!思わずテレビの前でガッツしてしまいました。
県大会は20打数2安打で打撃が奮わなかった”ドカベン”西尾君。本大会の静高の初打点を上げる活躍。2打席目も見事なタイムリーヒット。よかったねえ。
今日の静岡新聞には控えめなコメントが載っているけど、彼の性格ですね。2回戦も応援するよ〜!がんばれ、西尾君!・・・・夏期講習も中盤にさしかかり、
当校の受験生は連日の勉強三昧。私も声をからしての授業の毎日。その一方で、毎日部屋にこもり、太りたくないと毎日下剤を飲む少女への対応。
う〜ん・・・・・・・

 

”やったね!西尾君” 2003.8.13(wed)
 ばんざーい!ばんざーい!ばんざーい!やってくれ