”多忙な新学期” 2007.5.2(tue)
 一ヶ月振りの日誌です。「忙しい、忙しい」などと言っても切りがない。忙しいのはいつものこと。そこをうまく切り抜けなければ、仕事のならぬ。なのに、今年の入塾スピードが鈍いのが気になります。ここは兎に角しっかりと教えていかなければ、そのスピードは速まらない。今年は実績に拘り、厳しく且つ強引なまでの指導に徹しようと考えてます。世間では、24年振りの全国一斉の学力テストの是非をめぐって一部にホットな議論が。でも、それはやはりそのデータの使い方の問題と思います。豪州合宿を終え、今はその報告書作り。しかし、併行して、もう来年1年間の事業計画の作成。夢は広がります。
 
 

 

”人との関わり” 2007.7.23(wed)
 先日福島県で起こった何とも残忍な事件。殺害した母親の頭部をボストンバッグに入れ、警察に自首してきた高校3年生。想像しただけで身の毛もよだつ事件です。肉親の母親までもが単なる物としか感じ得ない少年の心理を考えるに、その素因に人との関わり不足を強く感じます。そんな折、先日20日、見事なまでの五月晴れの中、朝6時半に集合して、計12名で天竜・相津マリーナにカヌーをやりに行ってきました。8時半から3時間、たっぷりとリバーカヤックを楽しみました。私と小5の男の子と、リーダー2名以外は初めてのカヌー。勿論、参加者同志もお互いに殆どが初対面。しかし、たった3時間、大自然の中、一緒にカヌーをやるだけで、人はどんどん変わるんですね。みんな、実にいい顔になっていきました。初めはカヤックを運ぶにも引率のおばさんについてきてもらう状態の子が、終わりには声をかけると躊躇することなく片付けも手伝い、みんなにお礼を言うまでに変わるんです。聞く人は耳にたこができるくらい言い続けている言葉ですが、まさに「人は群れ集う中で成長します。」またも素晴らしい一日でした。

 

”友、遠方より来たる” 2007.7.26(sat)
  懐かしかったです。私より先輩のやよいちゃんを「友」とは大変失礼な表現ですが、ぴったりの言葉です。でも、かの詩人がこう表現した気持ちが分かります。もか(MOCA、お店の名前です)のコーヒーもおいしかったですね。夕方、またもかに行っちゃいました。もかのママさんも素晴らしい方です。(いつかこの日誌で書きました「やよいちゃん」のことです。)

 

”ひ生き様を語り合う喫茶店” 2007.5.30(wed)
 今日もMOCHA(もか)で、ホントおいしいコーヒーを頂きながら、ママさんとお話をさせて頂きました。このところ4日連続ですね。私が20歳の学生の時に会社を設立した前後から20代の頃に大変お世話になった、FM(喫茶店の名前です)のおばさんのことを思い出しちゃいました。今でも”生き様を語り合う喫茶店”がこんな身近にあるとは嬉しい限りです。MOCHAのママさんは、ここではちょっと明かせない波瀾万丈な時期を過ごした私をじっと支えて下さったFMのおばさんのような方ですね。まさに悩める若者達の母ですね。今日はママさんの心理分析をしちゃいましたよ。