2015.8.30(sun)
”石上阿希著「日本の春画・艶本研究」完読!”

懐かしい教え子の本を読み終えました。
お恥ずかしい話、彼女の著「葛飾北斎 萬福和合神」とこの本で初めて日本における春画の位置づけを 知りました。
と同時に、還暦にしてあの江戸時代にこんな文化があったとは、日本人として誇らしく感じました。
それを教えて下さった阿希ちゃんに感謝です。
素晴らしい研究論文ですね。多言は禁物。皆さんも是非お読み下さい。そして、味わって下さい、日本が誇る春画文化を。平凡社から出てますよ。