小さな人間たちの詩(うた)


山下 泰孝 著
 

 この詩は、30数年間にわたる子ども達との様々な関わりの中で、私の心に強く映し出された、こぐちっぽけな光景です。しかし、それは、まさに「小さな人間たち」の姿なんです。子供たちは、確かに”未熟な人間”かもしれません。でも、一個の心を持った、”小さな”人間なんです。


みんなと一緒に勉強したかった。 01年3月12日登録

自信があれば、恐れずやらせればいいんです。01年4月9日登録

よりよい人間関係を求めて 07年11月2日登録

不登校の解消 A君の場合 09年9月26日登録


引きこもりの解消 B君の場合 09年9月26日登録

自立への一歩 09年9月27日登録

学級崩壊の解消 C小学校の場合 09年9月28日登録

看護士になって学校に行かせてくれたお礼を 09年9月29日登録

中学校で不登校、高校中退でも米国4年制大学を首席で卒業 09年9月30日登録

世代をまたいで続く暴力 09年10月1日登録

2005年豪州・ペンリス市 春ゆめの大自然交流合宿に参加して 09年10月1日登録

2003年豪州・ペンリス市 春ゆめの大自然交流合宿に参加して Dさんの場合 09年10月2日登録

二人三脚の苦悩 09年10月3日登録 

2003年豪州・ペンリス市 春ゆめの大自然交流合宿に参加して Eさんの場合 09年10月4日登録

喧嘩の仲裁 09年10月6日登録

本校の生徒の話を外部の方には・・・ 09年10月7日登録



無断転載は固くお断りします。


メール アイコン
メール

トップ